« 株式交換はどちらの会社も存続する | トップページ | 割引手形や裏書手形の貸倒引当金の設定について »

2011年2月 6日 (日)

リース会計の貸し手側の処理第2法

リース会計の貸し手側の処理の方法には3つあり、二つ目は、リース料金受取時に受け取り部の売上高/売上原価を計上する方法であり、締結時には、リース投資資産の購入の仕訳だけをしておき、支払い時に売上計上と売上原価を計上する。(リース投資資産を減額していく)

FATION
エステ関連メタボエステ関連ムートンブーツエステ関連代行エステ関連ダイエットエステ関連ダイエット
エステ関連洗顔エステ関連スマートフォンエステ関連財布エステ関連コーヒーエステ関連香水
エステ関連クーポン券エステ関連クーポンエステ関連空気清浄機エステ関連禁煙エステ関連花粉症エステ関連過払い
エステ関連過払いエステ関連FX初心者エステ関連口座開設エステ関連FXエステ関連メンズエステエステ関連ダイエット
エステ関連エステ

« 株式交換はどちらの会社も存続する | トップページ | 割引手形や裏書手形の貸倒引当金の設定について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457859/38754493

この記事へのトラックバック一覧です: リース会計の貸し手側の処理第2法:

« 株式交換はどちらの会社も存続する | トップページ | 割引手形や裏書手形の貸倒引当金の設定について »

無料ブログはココログ

お勧めのブログ